シーガード施工 in八王子

東京・八王子にシーガード施工がありました。

私が住む愛知県は瓦王国なので、平板スレートはやや少ない場所でありますが(分譲はのぞく)、やはり関東はスレートが多いし、劣化した場所は多い。

ますますシーガードの出番は増えてくるんだろうなと肌で感じました。技術を今のうちに習得して、仕事を根こそぎ取って来て欲しいものです(笑)

動力としましては、最初の施工に対して施工指導員を派遣しております。

今回は、社長含め4名が参加していきました。

B92056CD-8038-4FE0-9BDA-A9AB957842AA
東京営業所のセンターフォワード・マルヤマ。

8B73D804-CF3D-476E-8D34-824F63DEC5C6
東京営業所のエース キャンベくん

0FBF10C9-3D6F-4FFD-97D5-8EAA32191018
監督の社長

と私。

多分、今回工事に来た我々と施工会社様ですが、『晴れ男』しかいなかった!
気温34度 屋根上体感気温 45度以上というかなりの過酷な屋根環境。しかも急勾配!という素敵な労働環境でした。

B8A20A3C-18D7-41F9-9DCB-8E5B57D3EAC8

今回の施工現場の難工事が「アンテナ」
このアンテナが張っているいるので、止めている番線をはずしてから、一人がアンテナを支えている間に、シーガードを差し込むという難所が一番難しかった。

FC9D66EB-7B36-42DA-8AF5-C5CADDEC50BB

棟側が収まれば、後はひたすらシーガードをはめ込むだけ。

今回、シーガードの施工を通して気づいたこと。

施工前の現地調査の時に、棟側の葺き幅を図っておく事。

シーガードを施工するときは、棟側から施工するので、一番最初は棟側の板金加工になるわけです。そこで前日までにその作業を仕込んでおけば、当日になったらそのまま施工がスタート出来る。この作業でスタートが30分ぐらい短縮できる。これは今度の施工研修の時に、追加項目で入れておこう!

近藤さん!

それにしても、熱すぎて1時間も屋根上で作業が出来なかった自分は、やはり年を取ったのだと改めて実感いたしましたとさ。いや、熱射病にかかりましたとさ。

屋根上で作業をされる皆さま

FF2A75C4-0698-4C4A-A7EA-6A8A64BE1B22

施工前には、塩を取りましょう!

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

鈴木 将大 について

㈱動力 名古屋営業所の鈴木です。主に営業兼広報兼ブログ兼隠し撮り係をやらせてもらってます。本社・名古屋営業所管轄の情報の他に、趣味の神社仏閣巡り、ラーメン、汚ミシュラン巡り等を気ままにブログにしていきます。たまに仕事のブログも少々。