YASUKUNI

昨日まで盆休みを頂きまして、今日から
仕事始めな私です。

お休みの間は、ひたすらグタグタしていたので
腑抜けております。今日から1週間はリハビリ期間に
なりそうですので、みなさん喝をお願いします。

そんな私はお盆休み中にこちらに参拝してまいりました。

IMG_3816
東京・九段下 『靖国神社』

東京には年に数回は家庭的事情で伺うのですが、
靖国神社に参拝したのは今回が初めて。
終戦記念日直前という縁ですかね。

IMG_1162

靖国神社の創建に携わった日本陸軍の創始者と言われている「大村益二郎」の銅像。
戊辰戦争で無くなった方を弔う為に靖国は創建することとなったそう。
(当初は「東京招魂社」と呼ばれていて、のちに明治天皇が「靖国」と改めたそう)

IMG_3819

終戦日直近なのか、人はまばら。この数日後には参拝者でいっぱいになるのだろう。

IMG_3820

天皇家の家紋「十六菊花紋」 天皇家との強い繋がりが家紋を見て分かる。

神社には、ご祭神と呼ばれる神様が祭られていて
(神明社なら天照大御神 八幡社なら応神天皇)
ここのご祭神は、戦争に亡くなった246万6584柱の英霊たち。
(このうち第二次世界大戦で英霊となった御霊が213万3915柱)

IMG_3821

「誠教君へ」
小学1年の息子を持つ陸軍大佐 横田床三郎命(よこたしょうざぶろうのみこと)の電報遺書
(日本人は無くなると「命(みこと)」となり神上がりすると言われてる)

内容は、子供の成長を喜ぶとともに、さらなる成長を促す内容。
そして、自身の怪我が治ったらまた戦地に戻る内容。
この電報の5ヶ月後に戦没している。これ読むだけで
なんとも言えない気持ちになる。

このような遺書が、靖国神社境内にある「遊就館」に山ほどあり、
一つ一つ読んでいくと、とてつもない気持ちになるから
ここでは割愛。

その遊就館に、花嫁姿の五月人形が飾られており、
独身のまま無くなった我が子にせめてもの供養に
奉納されたものが何体もあった。

終戦記念日の前にいろいろと考えさせられました。
いろんな人が同じことを言うと思いますが、
この英霊たちが命をかけてこの国を守ってくれたおかげで
やはり今日があるのだと思われます。

うちのじいちゃんもそういえば戦艦に乗ってたって
いってたな。今度お墓参り行こう。

img_3829.jpg

まぁ、お約束のご朱印GET。

帰り、駅に向かう途中に偶然見つけた
img_3825.jpg
日露戦争の英雄 「大山巌」陸軍元帥の銅像。NHKドラマ「坂の上の雲」を見ている最中だから
なんだか嬉しかった。

大山元帥は今の時代をどう見ているのかな?
多分、大好物のウナギが大高騰しているからきっと驚いていることだろうな。