home > | シーガード
私たちの仕事は、みんなを笑顔にする仕事です。

従来の工法に比べて簡単に施工でき、雨漏りのリスクも低減。
性能もコストパフォーマンスも優れた
平板スレート屋根改修に最適な屋根材です。

PRODUCT MOVIE

シーガードの概略を、動画でご覧いただけます。

シーガード施工の要点を、動画でご覧いただけます。

4つの特長

平板スレートに はめ込むだけの簡単施工。

既存の平板スレートに、
ジャストフィット。

●高さが変わらない。
●壁際や棟・ケラバ部材の交換が不要。
●雨桶調整が不要。
●1面のみ改修や部分貼でも施工可能。
(太陽光発電の金具のサポートにもオススメ。)

しっかり接着。屋根に穴を開けない安心施工。

既存の平板スレートと鋼板を高性能専用接着剤で接着。

●ビス止めなどで屋根を傷めない。
●過酷な気温下でも優れた耐久性を誇る。
●耐水性に優れ、重ね葺き時の雨漏り
 リスクを解消する。

優れた耐候性 美観性・水密性を発揮。

1.耐候性・美観性に優れたシーガード本体

シーガード本体は、サビに強いガルバリウム鋼板の表面に、
有機系骨材入りのポリエステル塗装を施して焼き上げた鋼板(ネオマット)を採用。
酸性雨や紫外線に強く、耐候性が高いことが実証されており、長期にわたり再塗装せずに済みます。
また、表面の有機系骨材が、ネオマットの表情を豊かに浮かび上がらせ格調高い仕上がりに。
3つのカラーバリエーションとともに、屋根の美観性を高めます。

2.優れた水密性

既存の平板スレートの前端部に、Cロックをしっかりかませて一体化。
既存の平板スレートの毛細管現象を解消する効果があり、高い水密性を期待できます。

品質を保ち リーズナブルな施工。

新しい施工方法で工期を短縮。

従来に比べ施工方法が簡単なため、
高い性能を維持しながらも工期を短縮。
コストパフォーマンスの高さが評価されています。

従来のメンテナンス方法には問題点がありました。

塗装の場合

耐久性が低い

塗装は、数年で剥がれてしまう場合が多い。

水密性が低い

平板スレート屋根材の上下の重ねを塗料で埋めると即雨漏りに。

屋根材の重ね張り工法の場合

既存屋根に
ダメージ

新しい屋根材を重ね張りしてビス止めする時に、既存スレートが割れてしまい傷んでしまう。

美観性が低い

新しい屋根材で盛り上がった高さを抑える処理が美観性にそぐわず、仕上がりが美しくない。

コストが高い

屋根材のほか、壁際の板金なども取り付けるため、コストが割高になる。

∧PageTop

施工の流れ

準備施工

❶屋根清掃

水上から水下に向けて洗浄

❷既存板金分の塗装

ケレン、錆止めをしてから塗装

❸準備施工完了

塗布状況

シーガード本体施工

❶専用接着剤塗布

水上側から水下側に向けて作業

❷本体差し込み・接着

差し込んだらスレートにかませる

❸確認・調節

拍子木とハンマーで通りを確認

❶施工前

❷施工中

❸施工後

∧PageTop

各種PDF

施工詳細

各部の施工について、下記添付の施工説明書PDFで詳しく
ご確認いただけます。説明書には、下記内容が掲載されております。

  • ●基本的な施工方法
  • ●水平棟・水平雨押え・軒先の施工
  • ●ケラバ・流れ壁部の施工
  • ●既存雪止めとの取り合い施工
  • ●シーガード部分貼り
  • ●各部のボンド塗布方法
  • ●谷・隅棟(棟カバー納まり)施工
  • ●差棟施工
  • ●表面に付着した接着剤の除去

シーガード施工に対応している屋根材について、
下記PDFよりご確認いただけます。

シーガードは、太陽光モジュール周りも安心して施工することができます。
施工の注意点は下記PDFよりご確認いただけます。

太陽光モジュールを屋根に設置する際も、シーガード施工が最適。
モジュール設置の注意点は、下記PDFよりご確認いただけます。

∧PageTop

シーガード施工無料研修会

平板スレート屋根の改修に最適な「シーガード」工法。
「シーガード」は接着剤で屋根に貼るだけの簡単な施工で、
屋根を傷めるリスクも低減。
性能もコストパフォーマンスも優れています。
このシーガード施工の知識習得と、施工品質の向上を目指し、
無料研修会を開催いたします。

研修会3つのポイント

「高コスパ」「高品質」な施工を皆様と共有します。

ご希望の研修会会場を選択してください。